TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


紀元前1万年(2008年)


10,000 B.C./アメリカ・ニュージーランド

監督:ローランド・エメリッヒ

<キャスト>デレー:スティーヴン・ストレイト  エバレット:カミーラ・ベル  ティクティク:クリフ・カーティス 他

2008年劇場公開(ワーナー)



紀元前1万年



ローランド・エメリッヒ監督の大作映画。紀元前1万年という微妙な時代を舞台にしているが……歴史ものではない。ローランド・エメリッヒ監督らしい大味な作品になっている。CGのマンモスやサーベルタイガーが優雅に駆けるところはすごい(……というか何だか微笑ましい。サーベルタイガーは可愛らしかったし。)と思うのだが……はるか太古に思いを寄せられる作品ではない。良く似た雰囲気の作品で、このサイトでも紹介している、古代マヤを舞台にした『アポカリプト(2006年)』と比較してしまうが、物語の緊迫感という点ではアポカリプトが勝っている。


そもそも、どうして紀元前1万年という時代を選ばなければならなかったのだろう。古代エジプトでも、インカ帝国でも、別に良かったではないだろうか。超古代文明が出てくるようなトンデモ映画でもなく、氷河期の過酷な人類の生活を描いた作品でもない。どうにも中途半端という印象を受ける。


物語はデレーの父親が村を離れるところから。デレーの父親は、狩猟で生計を立てるのはこれから難しくなると考えての行動だったが、デレーは幼いころから肩身の狭い思いをしていた。デレーには幼なじみで将来を約束した女性エバレットがいたが、ある時、謎の集団に連れ去られてしまう。仲間とともに、エバレットを取り戻すために後を追う。砂漠を越えてデレー達がたどり着いたのは大神と呼ばれる存在が治める国だった。


ピラミッドに類するような建築物は世界にたくさんあるそうだが、きっと、神を名乗る統治者もたくさんいたのだろう。大神というのが何者なのかほとんど語られなかったので、少々気になった。強引すぎるハッピーエンドという気がしないでもなかったが、まあ、この作品でバッドエンドは似合わない。


おススメ度 : 正直に言ってEでも良かった。結局は、どこが紀元前1万年? という感じではあるが、これまで監督が作った作品を考えると、最初から歴史ものを期待するほうが間違いだったかもしれない(アメリカ独立戦争を描いた『パトリオット』なんかも作ってはいるものの……)。いっそ、大神は宇宙人か魔法使いにでもしてSF調の作品にしてほしかったと思う。個人的にあのサーベルタイガーが妙にツボにはまった。ということで彼(多分オスだよな)の分おススメ度を加算してDにしている。




【関連商品】








紀元前 1 万年 / 10, 000 B.C. 輸入盤 【CD】

紀元前 1 万年 / 10, 000 B.C. 輸入盤 【CD】

価格:2,405円(税込、送料別)