TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


忠臣蔵 1/47(2001年)


日本

演出:河毛俊作

<キャスト>堀部(中山)安兵衛:木村拓哉  大石内蔵助:佐藤浩市  堀部ホリ:深津絵里  浅野内匠頭:堤真一  大石主税(松之丞):岡田准一 他

TVM


江戸時代。5代将軍徳川吉宗の時代に起きた赤穂藩主・浅野内匠頭が高家肝煎・吉良上野介に江戸城内で刃傷事件を起こした松の廊下事件から、取り潰しとなった旧赤穂藩士47名による吉良邸への討ち入りを描いた一連の事件は、部隊・演劇・映画・テレビドラマと何度も描かれている。その内容も討ち入りの首謀者であった大石内蔵助を主軸に据えたものから、殺害された吉良上野介側から描いたもの、独自の視点や解釈によって描かれたものなど、多岐にわたる。


この『忠臣蔵 1/47』は、討ち入りに参加した47人のうち、“唯一人を斬った男”堀部安兵衛を木村拓哉が演じた2001年の年末時代劇。高田馬場の決闘から、浅野家家臣の堀部家に養子に入り、松の廊下の刃傷、吉良上野介への復讐を誓う江戸での潜伏の話。そして吉良邸討ち入り。


忠臣蔵もの(に限らず時代劇でも)を見慣れた方にとっては、アイドル木村拓哉のままで描こうとした堀部安兵衛に大きな違和感を感じても仕方ない。城代家老の大石内蔵助や瑤泉院(浅野内匠頭の妻・阿久理)に対しタメ口で喋ったりするのには、若者への迎合もいい加減にしたほうがよいと感じたものだった。正直、木村拓哉のファン以外は(特に忠臣蔵ファンは)見ないほうが賢明かもしれない。


おススメ度: 2000年ごろから、時代劇も若者向けに見せようとしている作品も増えた気がする。個人的に軽い時代劇が悪いとは思わないし、時代考証云々をあまり細かくは考えない性格ではあるが、結果的に時代劇の良さがつぶされたりただのアイドル主演で他のジャンルのドラマと変わらなくなっても駄目だと思う。おススメ度はDにしている。




【忠臣蔵関連】