TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


アベンジャー オブ スローンズ(2013年)


ADORMIDERA/マルタ共和国

監督:レイモンド・ミッチ

<キャスト>   アンドレイ・クロード   リ・マクファディン   ジョセフ・カレーハ  ヘンリー・サミット・コルディナ 他

劇場未公開





地中海はイタリア・シチリア島の南に位置するマルタ共和国が、独立50周年を記念して製作した歴史超大作。マルタ諸島は最も大きいマルタ島、その隣のゴゾ島、その間の小さな島を集めても、総面積は淡路島の約半分程度という小さな島である。しかし、地中海のほぼ真ん中という位置関係から、古代から文明が交錯する地として様々な混乱に巻き込まれてきた。この『アベンジャー・オブ・スローンズ』は、同国の戦乱の歴史にファンタジー要素を加えた、同国初となる歴史アクション・スペクタクル巨編と銘打たれている。


舞台は14世紀後半のマルタ諸島。血みどろの領土争いにひとまずの終止符が打たれ、祖国への帰路についた5人の若者たち。彼らは、その途中でとある要塞へと立ち寄った。領主と挨拶を交わした若者たちは、英雄として歓待を受け、安息のひと時を得る。この要塞の外に咲き乱れるホビーの花を持ち込まないこと、という不可解なルールに戸惑いつつも、歓迎を受け入れる若者たち。しかし、その中のトリスタンだけはこの歓待に疑問を持っていた。そして、この要塞の秘密を握る一人の女性と出会う。


おススメ度: 結論。他所の家の事情には首を突っ込むな。主人公は思い込みだけで話を引っ掻き回した挙句、領主と多数の兵士を殺害し要塞を何の意味もなく崩壊させた。……正直、ストーリーもクオリティも、今ひとつという感じだった。同国で初めてという点を考慮しても、おススメ度はDという感じ。