TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


アメリカン・クライム(2007年)


AN AMERICAN CRIME/アメリカ

監督:トミー・オヘイヴァー

<キャスト>  キャサリン・キーナー  エレン・ペイジ  ジェームズ・フランコ  ブラッドリー・ウィットフォード 他

劇場未公開



An American Crime New Trailer



1965年にアメリカで実際に起きた児童虐待死事件を生々しく映画いた作品。劇場未公開作品ではあるがそれも納得。ホラーのような恐怖ではない。人間の生々しい悪意とそれによって死に至らしめられた少女の現実に恐ろしさを感じた。逆にいえば、それを誰がお金払って観るんだと思うが、ぜひ一度観たほうがいい作品。


物語は裁判の場面から。子供を預けていた先のガートルードの虐待によって殺害された父親が証言台に立っている。移動のサーカスを営んでいた一家は、遠く遠征しなければならず2人の娘、シルヴィアとジェニーをどこかに預けようと考えていた。それに名乗り出たのがシングルマザーのガートルードだった。2人はガートルードに週20ドルの約束で預けられるが、やがて、謝礼のお金が遅延したことやガートルードの娘のポーラとシルヴィアの不仲などが重なり、ガートルードはシルヴィアに執拗な虐待を加えるようになる。それは、ガートルードの子供たちや近所の悪ガキ達を巻き込んでいく。


裁判の場面を入れながら物語は進んでいく。ただ個人的にはこの形式はあまり好きではない。話を分かりやすくする効果はあるだろうが、安易な演出という感じがする。裁判劇なら裁判劇で最後までいってほしいと思うのだが。


虐待を加えていたのはガートルード達だけではなかった。ガートルードに招き入れられた悪ガキや不良達はシルヴィアの存在を知っていながら、大人の社会へ通報しなかった。誰か一人でも警察に通報していたらまったく別の結末を迎えていたのかもしれない、と思いつつ、いや、何も変わらなかったかもしれないと思うのは今の日本の児童虐待事件は大人や然るべき機関が何ら手たずに悲劇に至るケースがあまりに多い事実があるからだが。いずれにせよ、彼らは積極的に虐待に加担しつつ、法廷に引きずり出され、検事に「なぜそんなことをしたのか」と問われ、平然と答える。「分かりません」 法律に守られた法廷の中でさえ、「楽しかったから」の一言が言えない彼ら。楽しくなければ人間に火のついた煙草を押し付けたり暴行を加えたりすることなどできない。しかしその事実を認めることすら拒否する場面を見たとき、一番シルヴィアが気の毒になった。なんでこんな奴らに殺されなければならなかったんだろう……。


演出面での不満は、ガートルードに簡単に謝罪の言葉を引き出させていることだろう。虐待の最中でも、収監された後でも、ガートルードに謝罪の言葉を言わせている。これでは、この事件が貧困のせい、ガートルードの精神的な病気のせい、で終わってしまわないかと思う。決してこれが特殊な例でないことは、その後、児童が対象になった凄惨な事件が数多く起きていることで明らかだ。それと同時に、大切な存在をこうも簡単に、見ず知らずの人間に金で預けてしまえるのか。国民性といってしまえばそれまでかもしれないが……。


おススメ度: おススメ度はにしている。内容的に、面白かったなどとは言えないし、観た後で憂鬱になってしまう作品なので、あんまりおススメもできない。