TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


もうひとりのシェイクスピア(2011年)


ANONYMOUS/イギリス・ドイツ

監督:ローランド・エメリッヒ

<キャスト>  オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィア:リス・エヴァンス  エリザベス1世:ヴァネッサ・レッドグレーヴ  若き日のエリザベス1世:ジョエリー・リチャードソン  ウィリアム・セシル:デヴィッド・シューリス  サウサンプトン伯ヘンリー・リズリー:ゼイヴィア・サミュエル  ベン・ジョンソン:

セバスチャン・アルメストロ  ウィリアム・シェイクスピア:レイフ・スポール 他

2012年劇場公開(ファントム・フィルム)



映画『もうひとりのシェイクスピア』予告編



イギリス・ルネッサンス演劇を代表する劇作家であるウィリアム・シェイクスピア(1564年〜1616年)。しかし、その生涯は史料も少なく謎も多い。そのため、シェイクスピア別人説は長らく好き者たちの議論の的になってきた。様々な説はあっても決定的と言えるような結論には至っていない。もっとも、イギリス文学の研究者にとっては検討の価値もない説であるらしく、積極的にこの説を支持している研究者はほとんどいないという。


映画『もうひとりのシェイクスピア』では、第17代オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィア(1550年〜1604年)こそが本当のシェイクスピアであるという説を下敷きに、16世紀イングランドの世相と晩年のエリザベス1世を中心にした宮廷内の権力闘争を描いている。ローランド・エメリッヒ監督らしい大味さでありながら、平民出身の宰相ウィリアム・セシル、ロバート・セシル親子と、貴族たちの対立構図。処女王と言われながら実際には華麗な男性遍歴を誇っていたエリザベス1世の後継者問題などを上手く絡めながら、妙なリアリティを描き出していると思う。


物語の舞台は17世紀はじめのイギリス。ベン・ジョンソンという男が官吏たちに追われているところから。彼は、ある人物から受け取った戯曲の譜面を持って逃げ回っている作家だった。劇場の地下に譜面を隠したベン・ジョンソンだったが、官吏たちに捕えられ、拷問にかけられる。そんな彼の前に現れた一人の男。それは、今宮廷で権力を欲しいままにしていた宰相ロバート・セシルだった。ベンは、オックスフォード伯エドワードと出会った日のことを思い出す。それは老年となったエリザベス1世の時代。ロバートの父、ウィリアム・セシルが権勢をふるっていた時代。窮地をエドワードに救われたベンは、その代わりに、自分が書いた小説や戯曲を、ベンの名前で発表してほしいと頼まれる。この時代、演劇など、貴族の嗜みではないと低く扱われていたからだ。エドワードが書いた戯曲は人気になるが、痛烈な社会風刺やウィリアム・セシルに対する批判を織り込んだ内容に、当局から目をつけられる。


その頃、宮廷でもエリザベス女王の後継者を巡る論争が激化。自分の権勢を維持するためにスコットランド国王ジェームズを後継に据えようとするウィリアム・セシルに対して、貴族たちは反発。そんな中、一人の男がその争いの中に浮上してくる。エセックス伯である。彼こそは――。


おススメ度: この映画の一番の驚きは、ローランド・エメリッヒ監督作品であることかもしれない……と、個人的には、アクションやSF色の強い作品ばかり撮っている印象が強く、そんなふうに思ってしまったが、どうしてなかなか、イングランドを舞台にした重厚な時代劇という感じ。クライマックスのエセックス伯の蜂起に際し、エドワードは言葉が人を動かす力を声高に叫ぶが、それ以外の場面においては言葉――詩や小説を、ただの現実逃避の手段に用いているような気がして、彼には感情移入ができなかった。そのことがあって、おススメ度はBにしておく。