TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史小話


最短の戦争


イギリス・ザンジバル戦争は19世紀末にイギリスとザンジバル・スルタン国の間で起こった戦争です。帝国主義の時代ですので戦争は珍しくもありませんが、この戦争は1896年8月27日のわずか45分ほどしか継続しなかった、歴史上最も短い戦争としてギネスにも記録されています。

ザンジバル・スルタン国はドイツ帝国とイギリス双方から圧迫され、対岸の東アフリカにあった勢力圏をドイツ領東アフリカとイギリス領東アフリカに分割しており、1890年のヘルゴランド=ザンジバル条約でイギリスの保護国と化していました。

1896年8月25日、それまでイギリスの植民地行政に協力的だった第5代ザンジバルスルターンのハマド・ビン・トゥワイニが、甥にあたるハリド・ビン・バルガシュによる蜂起で死亡しました。実権を握ったバルガシュでしたが、その後、別のスルターン候補者の、ハムード・ビン・ムハンマドより、退任要求が出されました。

イギリスはムハンマドが傀儡政権の首領とするのに都合がよいと考えていました。バルガシュはこれを拒否し、約2800人の兵力と旧式武装艦のグラスゴーを湾に停泊させました。イギリスはスルタンの宮殿に面した湾口に最新鋭巡洋艦3隻を含む5隻の軍艦を投入しました。イギリス擁護派のサンジバル正規軍の援護のためにイギリス海軍約900を上陸させ、戦闘に備えました。

バルガシュはアメリカを経由した和平交渉に望みをつなぎますが、退任要求の期限がきた8月27日午前9時。イギリス艦隊が砲撃を愛しhし、宮殿には集中砲火が浴びせられ崩壊、グラスゴーはあっという間に沈没。犠牲者多数の惨状にバルガシュは早々に撤退、ドイツ領事館に逃げ込みました。砲撃は開始されてから約40分後に終了しました。