TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


ベオウルフ〜呪われし勇者〜(2007年)


Beowulf/アメリカ

監督:ロバート・ゼメキス

<キャスト>  ベオウルフ:レイ・ウィンストン  グレンデルの母:アンジェリーナ・ジョリー  フロースガール:アンソニー・ホプキンス  ウィールソー:ロビン・ライト・ペン 他

2007年劇場公開(ワーナー)



映画「ベオウルフ/呪われし勇者」予告編



デンマークの小王国の、世界最古といわれる英語叙事詩をモチーフに壮大なストーリーでつづる大作映画。叙事詩『ベオウルフ』は英米ではかなり有名な物語なのだそうで、トルーキンの『指輪物語』にも大きな影響を与えたのだそうだ。さらに、最先端の映像技術を駆使して俳優の演技とCG技術を融合させ、フルCGでキャラクターを作り上げている。世界最古の叙事詩が、最先端の技術で鮮やかに描かれている。


時代は1世紀ごろ。フロースガール王たちは、繁栄を祝って酒宴を開いていた。しかし、宴も最高潮に達した頃、彼らの前に魔物グレンデルが姿を現す。グレンデルは、多くの戦士たちをなぎ倒し消えていった。王はグレンデルを倒したものに莫大な黄金を約束する。それに応じてやってきたのがベオウルフだった。グレンデルが素手なら自らも素手で戦おうという豪胆な男だった。グレンデルをおびき寄せるため、かつてグレンデルによって破壊された館で酒宴を始めた。そして、姿を現す醜い怪物。死闘の末にグレンデルを滅ぼしたベオウルフだったが、さらに危険なグレンデルの母親の存在を知った。グレンデルの母親が住むという洞窟に向かうベオウルフだったが、彼の前に姿を現した魔女は一つの取引を持ちかける。それは、莫大な富と、権力と、永遠の力を与えるというものだった。ベオウルフはその誘惑に負けてしまう。かくして彼は王になる。その代償をいずれ支払う日が来ることをそのとき彼は知らなかった。


とにかく素晴らしい映像技術。フルCGのキャラクターが、生き生きと画面全体を駆け回る。作り物っぽい顔や世界の様子はとにかくとしてだが。クライマックスのドラゴンとの対決場面はまさに一番の見せ場。とにかく疲れるほどのアクションだった。グレンデルとの対決場面で全裸になったり、前半と後半でいきなり50年もたってしまっているのを、CG技術を使い違和感なく処理しているのはすごいと思うが、それを見せるための演出に思えないこともない。これだけのメンバーを集め、決してただのフルCGのアニメにはしないんだという決意を感じられ、素晴らしい俳優陣の演技をしっかり活かせているとは思う。


老婆心ながら、今後も映像技術は進化を続けるだろうと思うが、映画制作者が技術に振り回されることなく活かしていってほしいと思う。


おススメ度: おススメ度をとしているのは別にCGに対する評価ではないつもり。最近にゲームに慣れている方にとってはそれほど大したものとは思えないだろうし、動きに不自然な点も多い。個人的には、グレンデルやその母親と戦う第一部と、その五十年後に唐突にドラゴンが出現する第二部とを一つにつなげ、そうすることでべオウルフを豪胆な勇者像とは全く違ったべオウルフ像を描いていると感じた。




【関連商品】




【べオウルフ伝説】