TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


タイタンの戦い(1981年)


Clash of the Titans/アメリカ

監督:デズモント・デイビス

<キャスト>  ペルセウス:ハリー・ハムリン  アンドロメダ:ジュディ・バウカリー  ゼウス:ローレンス・オリヴィエ  ヘラ:クレア・ブルーム  テティス:マギー・スミス  アモン:バージェス・メレディス 他

1981年劇場公開(MGM=CIC)


英雄ペルセウスの物語をベースに作られたファンタジー作品。ペルセウスといえば、蛇の頭髪を持ち、その目で見られた人間は石に変えられてしまうという、メデューサの首を落とし、美しい王女アンドロメダを救うため、海獣と戦ったギリシア神話の英雄である。


アルゴス国の王の娘ダリラと天上の神ゼウスの子として生まれたペルセウスは、生まれてすぐにダリラともども海に捨てられるという不幸に見舞われる。しかし、ゼウスの計らいでセリボス島に流れ着いた彼は、好青年に成長する。


その頃、天上では一人の男の行動がゼウスの逆鱗に触れた。カリボス王子は女神テティスの息子だが、傲慢な人間で、さらに月の泉の管理を怠り貴重なペガサスをたった一体にしてしまった。その報いを受け、醜い姿に変えられ、沼地に追いやられた。母親のテティスはゼウスに対する意趣返しとしてペルセウスを遠い王国に送った。その国はカリボス王子の婚約者アンドロメダの国でテティスはこの国にも呪いをかけていた。


ペルセウスはこの国の呪いを解いて、アンドロメダ王女を救うためにカリボスと戦うのだった。しかし、テティスはさらに、アンドロメダの母、カシオペアが神々とアンドロメダの美しさを比較したことに因縁をつけ、クラケンに王国を襲わせ、それを止めさせたければアンドロメダを生贄として差し出すように要求する。ペルセウスは、アンドロメダを救うため、クラケンを倒すことの出来るメデューサの首を求めて旅に出るのだった。


1981年の作品とあって怪物たちやペガサスの動きに、かなりのムラというか違和感があるのは仕方のないところ。しかし、ギリシア神話登場人物たちの魅力を最大限に引き出しつつ、ペルセウスとアンドロメダのラブロマンスをメインにした良質のファンタジーになっている。


おススメ度: やはり少し古い作品のためメドゥーサやカリボスの動きが荒いことと、スローテンポなのは今見ると気になるところ。おススメ度はにしたけれど、今のハイスピードでスローモーション、ストップモーション満載、CGもふんだんに使ったアクション超大作には辟易しているという方には意外におススメかも。




【関連商品】