TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


タイタンの戦い(2010年)


Clash of the Titans/アメリカ

監督:ルイ・レテリエ

<キャスト>  ペルセウス:サム・ワーシントン  イオ:ジェマ・アータートン  ドラコ:マッツ・ミケルセン  アンドロメダ:アレクサ・ダヴァロス  カリボス/アクリシオス王:ジェイソン・フレミング  ハデス:レイフ・ファインズ  ゼウス:リーアム・ニーソン 他

2010年劇場公開(ワーナー)


今も人気のある1981年公開の映画『タイタンの戦い』のリメイク。ギリシア神話の英雄ペルセウスの物語を、最新のCG技術を駆使しして映像化。天界の神ゼウスと冥界の神ハデスとの勢力争いに巻き込まれた人と神の間に生まれた青年の戦いの物語。


リメイクと言っても、1981年版とはまったく異なった映画。悪い言い方をすればかったるいヌルい印象のあった1981年版比べて、こちらはCGを駆使したクリーチャ―の動きの良さ、アクションのすごさ。テンポも速く、画面を所狭しとクリーチャ―がペルセウスが走り回る。姿を隠画のそれのようだ。ペガサスや神より与えられた剣などファンタジーめいた要素は出てくるものの、神話というよりもほとんどアクション映画だった。


映画『タイタンの戦い』は、ギリシア神話が舞台。主人公ペルセウスは、神々に宣戦を布告したアクリシオス王に対する罰として、王妃とゼウスとの間に生まれた子供だった。アクリシオス王は、それに怒って王妃とまだ赤子のペルセウスを棺に詰めて海に放ってしまう。アクリシオス王は、その報いを受けて醜悪な怪物カリボスへと変えられてしまう。


それから時がたち、好青年に成長したペルセウスは、育ての父母と妹ともに漁師として暮らしていた。ところが、漁の最中に、人間とハデスの戦いに巻き込まれ、ただ一人生き残ってしまう。ペルセウスは、アルゴスに連れて行かれ、そこで王女アンドロメダと出会う。宴の最中、アルゴスのカシオペア王女が、今や自分たちこそが神と傲慢な声を上げる。ところが、そこにハデスが現れ、驕った人間たちへの戒めとして「次の日食に怪物クラーケンを解き放つ。それが嫌なら、王女アンドロメダを生贄に捧げよ」と告げる。


この戦いの鍵を握るのは半神のペルセウス。ペルセウスの前に現れた守護者のイオからペルセウスの出生の秘密が語られる。いずれにせよ、ハデスと戦い家族の仇を討つためには、クラーケンを倒さなければならない。ペルセウスは、険しい山の中に住むグライアイの三魔女に会うために、砂漠を超え、冒険が始まった。


1981年版の一番の印象が、アンドロメダ役のジュディ・バウアーが可愛かったなぁ……という感じ。リメイク版のアンドロメダのキャラクターは、守護者として旅を同行するイオとかぶっている感じもあるし、どうも、可愛げというものが感じられないように感じた。あまり、ラブロマンスを期待しながら見るとよくない。あくまでも、アクション映画(怪獣映画?)として観るのがいいだろう。


おススメ度: 真面目に神話を期待しながら観るよりも、アクションものの娯楽映画として観た方がいい。1981年版とはあんまり比べないほうがいい気がするが、おススメ度は1981年版と同じとしている。笑い声とシュルシュルという音を立てながら出現するメデューサは、とても奇麗な方が演じていて、1981年版とは違った不気味さがあった。ラストに登場するクラーケンなどは、まるで怪獣映画のよう。




【関連商品】