TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


クレオパトラ(1963年)


Cleopatra/アメリカ

監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ

<キャスト>  エリザベス・テイラー  レックス・ハリソン  リチャード・バートン  ケネス・ヘイグ 他

1963年劇場公開(FOX)



Cleopatra - Trailer



映画最盛期の大作史劇。ローマ帝国が共和制から帝政へ移行する時代を舞台に、時代に翻弄されるエジプトの女王の物語。巨費を投じて作られた豪華絢爛なセットが、作品を盛り上げている。城門での凱旋の式典のシーンは圧巻。これを実際にスクリーンで見れた人は幸せな人だと思った。


この作品は、最も有名なクレオパトラ作品だろう。エリザベス・テイラーが凛としたクレオパトラを演じている。その反面、個人的な評価は正直低い。一番の理由は4時間以上というこの長さかなと思う。だらだらだらだらと物語が流れているような印象を受ける。


物語は宿敵ポンペイウスを追ってエジプトにユリウス・カエサルが訪れるところから始まる。エジプトには多大な貸しがあり、エジプトを頼って逃げ込んだポンペイウスだったが、カエサルの怒りを買うことを恐れたエジプト王プトレマイオス13世とその腹心の配下は謀殺してしまう。そのことで現体制に危険を感じたカエサルは、プトレマイオス13世の共同統治者でありながら、追放の身にあった姉のクレオパトラとの仲裁を理由にエジプトに居座ることにする。カエサルが訪れた話を聞き、カエサルに会うために貢物のように絨毯に隠れて訪れたクレオパトラ。美貌と知性を備えた女性だと見抜いたカエサルは、クレオパトラを気に入り、彼女を王にするために尽力し、彼女と結婚する。ローマに戻ったカエサルは、その野望を隠そうともしなくなりついには皇帝の地位まで要求する。しかし、このままでは共和制が破壊されると考えたプルートゥスらによってカエサルは暗殺される。途方にくれるクレオパトラに、カエサルが信頼を置いていた将アントニーが声をかけクレオパトラも彼を頼りにするようになる。しかし、カエサルの後継者を自認する甥のオクタヴィアヌスもまた、動き始めていた。


おススメ度: 古き良き時代のハリウッドの大作歴史劇。おススメ度はとしているがはっきり言って面白くはなかった。20世紀フォックス社が経営を傾けたという金の掛け方はすごいの一言。さすがにあれを見せつけられたら多少いい評価をつけたほうがいいような気にはなる。




【関連商品】