TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


戦火の勇気(1996年)


Courage Under Fire/アメリカ

監督:エドワード・ズウィック

<キャスト>  ナット・サーリング大佐:デンゼル・ワシントン  カレン・ウォールデン大尉:メグ・ライアン  モンフリーズ軍曹:ルー・ダイアモンド・フィリップス  ハーシュバーグ将軍:マイケル・モーリアティ 他

1996年劇場公開(FOX)



戦火の勇気 予告編



ハリウッドが初めて湾岸戦争(1991年)を正面から描いた作品。戦場という、極限の状況を描きながら、戦争ドラマというよりも人間ドラマ。同じシチュエーションを何度も繰り返しながら真相に迫っていく実験的な作品でもある。最も重要な役どころであるカレン・ウォールデン大尉を演じるメグ・ライアンの好演はさすが。ラブコメ以外の作品はこれが初めてだったと聞いてとても驚いた。


湾岸戦争の時に味方の戦車を誤射し、友人を死なせてしまった過去を持つサーリング大佐。彼は戦後も軍にとどまりながらも、過去を引きずり酒に逃げ、妻との仲もうまくいかなくなりつつあった。そんな彼に名誉勲章候補者の調査が命じられる。候補者はカレン・ウォールデン大尉。受賞となれば、初の女性の受章者だった。調査を進めるサーリングは、生存者たちの証言を集めるにつれ、証言に微妙な食い違いが見え始める。


サーリングが追い続けたのは何だったのだろう? カレン・ウォールデン大尉最後を追いながら、かつての自分を探しているような感がある。真実とは何か? 勇敢で、最後まで味方と仲間のために命をはった女性士官……後になって作られた虚像ではなく、死の間際の真実を追うことに……どれだけの意味があったのだろう。結果、1人の優秀な兵士に、臆病者のレッテルを貼った。恐らくは、その場で瀕死の仲間を置いて逃げ出そうとしたり、上官を見殺しにしたことに最も驚いていたのがモンフリーズ自身だったろう。どんな勇敢な人間でも、圧倒的劣勢の中で、闘志を保ち続けることは難しい。ウォールデン大尉が、闘志を保ち続けた理由は、士官であるという自負や誇りだった。しかし、最後に露わにされる彼女の姿も、決して勇敢とはまた違うものだった。


この場で、湾岸戦争の……アメリカの正義について書くことはしないしできない。だが、どんなに大義を語ろうと、命を落とし、心に傷を負うのは末端の兵士たち。真実を明らかにし、すべてを語ること以外には、救済されるすべはないということなんだろうか。


おススメ度: 真面目な戦場を舞台にしたミステリー作品ではあるが、戦闘の派手さなどの娯楽的な部分も強く、演出の仕方も実験的で興味深い。たしかに、ただ“敵”として顧みられることのないイラク兵の存在に対し、“正しい戦争”を遂行する“勇敢なアメリカ人兵士”の姿しか出てこない。そのことにある種の不快さ、嫌悪を感じる部分があるのは否めないと思うが、そもそもプロパガンダ色のない戦争映画・歴史映画ってあんまり知らない。そのことはある程度前提として映画は観るべきではなかろうか。おススメ度はにしている。




【関連商品】