TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


ヒトラー 最期の12日間(2004年)


DER UNTERGANG/ドイツ・イタリア

監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル

<キャスト>  アドルフ・ヒトラー:ブルーノ・ガンツ  トラウドゥル・ユンゲ:アレクサンドラ・マリア・ララ  エヴァ・ブラウン:ユリアーネ・ケーラー  ヘルマン・フェーゲライン:トーマス・クレッチマン 他

2005年劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)



映画 ヒトラー ?最期の12日間? 日本語予告編



ヒトラーを間近で見続けた秘書、トラウドゥル・ユンゲの回顧録と歴史家ヨアヒム・フェストの同名ノンフィクションを映画化。ドイツの敗戦が近づくころ、ヒトラー総統他、ナチスの首脳部は地下要塞に潜り連合軍に最後の抵抗を試みるが、ヒトラーはしだいに正気を失ったかのような言動が目立ち始める。


ドイツ語圏の俳優がヒトラーを演じるのはこの作品が初めてというのは確かに意外。ヒトラーの二面性や、破滅願望に傾倒していく姿は、ブルーノ・ガンツの熱演も含めて凄みを感じる。そして、ヒトラーの理想の狂信者となった少年たちはヒトラーのために死ぬことを望み、逃げようとした市民は親衛隊に容赦なく射殺される。ヒトラーそのものは映画全体の4分の3くらいで退場する。ヒトラーに殉ずるために命を捨てる若い兵士や、カリスマを失い混乱するベルリンの様子が描かれる。


途中ヒトラーのセリフで「国民の自業自得」という言葉が何度も繰り返される。ヒトラー総統をドイツの国家元首に選んだのは他ならぬドイツ国民なのだから、ヒトラー自身はその尻拭いをしているというつもりだったのかもしれない。個人的にはひどく印象に残る言葉だ。


作品自体は、これまで数多くされた戦争映画と比しても秀作の部類に入ると思う。イギリスの某誌が評したように「戦後最大のタブーを破った作品」とみるか、イスラエルの某誌が評したように「ナチス賛辞の映画」と観るかは観た人の判断に任せる。個人的にはどちらとも思えなかった。これまで多く作られた戦争映画の枠をはみ出した映画だとまでは思えなかったからだが、トラウドゥル・ユンゲの見たヒトラーを描いているという点では賛辞の映画と受け取られても仕方ないのかもしれない。しかし、作品の中には生前のユンゲが語ったインタビューの映像が入っている。彼女は、「ヒトラーが非人道的なことを行ったことを全く知らなかった」と語り、「それを知った後でも、私は悪くない、関係ないと思っていた」という。しかし、「ユダヤ人の慰霊碑を見た時、自分と同じ年に生まれ、自分が秘書としてヒトラーに仕えるようになった年に、処刑された少女がいたことを知った時、初めて激しい後悔をした」と語る。「若かったことなど何の言い訳にもならない。しっかりと目を見開いて生きなければ」


この映画がナチス賛辞に受け取れるのならば、それは目をつぶったユンゲが見たヒトラーやナチスでしかないからだろう。


おススメ度: この作品をおススメ度はにしているからといって、別にヒトラーやナチスを賛辞する気はないし、この作品もそんな先入観を持たずに観るべきだろう。凄まじさを感じる人間ドラマ、戦争ドラマの秀作になっている。





【原作】




【関連商品】