TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史小話


デイリー・テレグラフ事件



デイリー・テレグラフ事件は1908年10月28日にドイツ皇帝ヴィルヘルム2世とイギリス陸軍大佐エドワード・ジェームス・スチュアート・ワートリーの対談が掲載されたことに端を発した一連のスキャンダル事件です。

これは、ヴィルヘルム2世が休暇でイギリスに滞在中、ワートリー大佐と何度か個人的に対談しました。ワートリー大佐はインタビューを恣意的に要約し、それをイギリスの高級紙デイリー・テレグラフに送りつけました。

デイリー・テレグラフはベルリンに原稿を送り、内容の確認を要請。ヴィルヘルム2世は政府にその確認を委ねることにしました。ところが、帝国宰相のベルンハルト・フォン・ビューローも広報室長のオット・ハマンも休暇中だったために、彼らの目を通ることなく外務省の下級官吏の元まで素通りしていきました。そして、そのまま確認のサインがなされ、掲載されてしまいました。

この中で、世界戦略上対立するイギリスに対して、自身が数少ない親英派であるとし、ドイツ「大衆」はウィルヘルム二世が「親英」「反独」であるとして、憤激したとされます。また、ボーア戦争に関して仏露の対応を受け入れず優秀な外交官を自認し、自身の戦争戦略によってイギリスが勝利できたという思い上がった発言も、好感を持って受け入れられることはありませんでした。この記事の中では、ドイツの戦艦建造はイギリスを敵国とするものではなく、極東の国々に対するものであるという、特に日本を挑発するような発言も含まれていました。

これらの、外交上の配慮を欠いた不用意かつ思い上がった発言に、世論は憤慨し、一部では皇帝ヴィルヘルム2世の退位への要求に発展するなど、皇帝への不満が噴出しました。これは、帝国議会も同様で、保守党も含めて皇帝への非難が続出。今回のスキャンダルを結果的に招いたことで自身の無能さを露呈してしまった宰相ビューローは皇帝と距離を置くようになり辞任に至りました。ただ、ビューローが本当に原稿を読んでいなかったのかは異論の余地があり、この件を仕組んだのはビューローで手先のものに命じて原稿を入手し、皇帝の影響力を削ぐためにドイツ人が憤激しそうな内容に訳して掲載させたとも言われます。

デイリー・テレグラフ紙に掲載された全文の日本語訳