TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


ヒトラーの贋札(2007年)


Die Falscher/ドイツ・オーストリア

監督:ステファン・ルツォヴィツキー

<キャスト>  サロモン・ソロヴィッチ(サリー):カール・マルコヴィクス  アドルフ・ブルガー:アウグスト・ディール  フリードリヒ・ヘルツォーク:デーヴィト・シュトリーゾフ 他

2008年劇場公開(クロックワークス)



?ablova dilna - die falscher - the counterfeiter



第二次世界大戦下のドイツでの実話をベースにした作品。ユダヤ人迫害を描いた作品だが、優秀な技術を持ったユダヤ人を使って偽札を作らせ世界経済を混乱に陥れようという、使い古された、しかし、これまであまりテーマとして取り上げられなかったテーマを描いていると感じる。史実に基づく作品ということもあり、ナチス作品に興味のある方には、ぜひ一度見てほしい作品。


この作品は極悪非道のドイツ兵に善良で力ないユダヤ人という構図ではない。主人公のサリーはもともと偽札を作っていた悪人で、逮捕されたのち、その腕を見込まれて、偽札を作るための収容所に連れてこられる。ドイツ人の将校は彼らを時に暴力的に脅かしながら急かしながらも、しかし、悪人として非道に徹しきれない。それは当然と言えば当然で、技術者を殺してしまえばその分偽札の完成が遅れ、自分が責任を問われることになる。なので、待遇は良くし、時にご機嫌をとりながら作業を進めなければならない。ユダヤ人たちは、このままここでナチスの言いなりになって、自分の命を守る道を選ぶのか、外にいる大勢の人たちや同胞を救うために、ナチスの言いなりにならずに作業に協力しないか。その選択をすることになる。


作品自体が収容所の中だけで進んでいくので、戦争の経過が良く分からず、収容所の外がどうなっているのかよく分からないのが難点。そのために、どうも緊迫感が薄いと感じる作品になっているように感じる。ただ、きっと本当の収容所に集められたユダヤ人たちも、解放されたその時は、画面のこちら側の自分たちのように、何が起こったのか分からなかったのだろう。


おススメ度: ナチスがらみでは珍しい、ユダヤ人の悪人が描かれる作品。完全に悪人に徹し切ったわけではないが。「自分の命を惜しんで世界を崩壊させる手伝いをするのか、自分の命を捨てて世界を守るのか」 こういう究極の選択を突きつけられるジレンマ物は自然と見ごたえのあるものになっていくのかもしれない。収容所の中で物語が進むので。戦争や世の中がどうなっているのか分かりにくい。その辺を少し差し引いて、おススメ度はにしている。




【関連商品】