TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


ヘラクレス〜選ばれし勇者の伝説〜(2005年)


Hercules/アメリカ

監督:ロジャー・ヤング

<キャスト>  トポール・テルファー  エリザベス・パーキング  ショーン・アスティン  タイラー・メイン 他

TVM


ギリシア神話史上最大の英雄・ヘラクレスの物語。この作品の中では、ケンタウロスやエルフ、ヒュドラのような神話上の存在は出てくるが、神の存在はやんわりと否定されている。とはいえ、作品の中の世界では神の存在はとても大きな存在感を示している。ゼウスを信仰する人間と、その正妻のヘラを信仰する人間の間にはひどい確執がある事になっている。その確執が、やがて、ヘラクレスに大きな試練を与える事になる。


時間の都合でDVDを50分程度ずつ3回に分けてみたので、それなりに楽しんで見えた。しかし、実際に通してみたら冗長に感じるだろうな、とは思う。後半、ヘラクレスは12の試練を受けることになるが、見せ場のオンパレードというわけにはいかず、エピソードをダラダラと垂れ流している感が強い。それが冗長に感じるだろうなと思う一番の理由。


壮大なヘラクレスの成長物語を映像技術を駆使して描いている。……といっても、描いているモノがモノだけに、違和感があるのは否めないが。リーリー・ソビエンスキーのエルフも、可愛く凛としていて◎。ただ主演のポール・テルファーがイマイチ、ヘラクレスのイメージに負けている。


おススメ度: やっぱりドラマとしてみるとヘラクレスの12の試練って多すぎだよな……。ズバッと切るなり、逆にミニシリーズにして一話ずつ見せ場にするなりしないと。正直Dにしようと思った凡作だったが、真面目にヘラクレスの物語を描いていると思ったのでにしておく。




【ギリシア神話】