TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


硫黄島からの手紙(2006年)


LETTERS FROM IWO JIMA/アメリカ

監督:クリント・イーストウッド

<キャスト>  栗林忠道中将:渡辺謙  西郷:二宮和也  バロン西(西竹一中佐):伊原剛志  清水:加瀬亮 他

2006年劇場公開(ワーナー)


【硫黄島の戦い】 硫黄島は東京から1500キロの小さな島。現在は小笠原諸島に編入されている。栗林中将以下2万2千の将兵が守るこの島を、米軍は、大量の艦砲射撃、空爆で島の形が変わるほどの攻撃をしたのち昭和20年2月19日から一斉上陸する。守備隊の栗林中将は、深さ20メートル強に縦横無尽の地下塹壕を掘り、硫黄島全体を要塞化し、ゲリラ戦に徹した。当初1週間程度で落とせると踏んでいた米軍は、約1ヶ月を要することになる。3月27日に、硫黄島の日本兵は2万1800人が玉砕。ほぼ全滅した。米軍兵も、2万5千人弱が死傷した。栗林以下幕僚も27日に全員自決した。


クリント・イーストウッド監督が『父親たちの星条旗(2006年)』とともに描く2部作の日本側から描いた作品。日本側からアメリカの監督が撮った作品と言っても、キャストに日系人を使った、たどたどしい日本語の映画ではない。この作品が公開されたとき、どこかの番組のキャスターが、「なぜこのような作品が、日本人の手で作ることができなかったのか」と嘆いていたが正直に言って同感。日本に対する偏見もなく、良作に仕上がっている。父親たちの星条旗のところでも書いたが、できればこの2作をちゃんとリンクさせ、1つの物語別々の側面から描く用意してほしかったなという感はある。


物語の始まりは、栗林中将が硫黄島に赴任してくるところから。アメリカにいたこともあった栗林は、大変な合理主義者だったが、それは当時の精神論に固執する軍幹部には受け入れられないものだった。徴兵されてきた西郷は、ただむやみに部下を殴るだけの上官に絶望していたが、栗林に希望を抱く。アメリカを迎え撃つためにはゲリラ戦しかないと感じていた栗林は島中を地下トンネルで結び地下要塞とすることを決める。ロサンゼルス・オリンピック馬術競技金メダリストの西中佐のような理解者も中にはいたものの、古参の幹部たちは栗林の絶対に自決をするなという命令を恥だと感じ、戦闘がはじまると部下たちに無意味な自決を強い、栗林の命令を無視して突撃していく。


父親たちの星条旗でも時間の感覚が分かりづらかったところがあったが、こちらも時間の経過や位置関係が分かりづらい部分多く(地下壕の中の場面が多いので位置関係が分かりづらくなるのは仕方ないかもしれないが)観ていて少し難儀した。それに、栗林のラストの場面も、どうも最後になってアメリカ人っぽいラストになってしまったなあと感じがする。実際、栗林大将(硫黄島の戦いの最中に大本営から昇進が打電されていたが、栗林は応えなかったそうだ)の最期は謎に包まれ、その遺体もどこにあるのか分からないそうだが。この作品で、個人的に好感(というか興味)を持ったのは、この作品が単純な反戦映画になっていないこと。 「私たちが一日ここを守れば、一日本土への攻撃を伸ばすことができる。我々のこの一日は無駄ではない」 こんな感じの台詞だったと思うが、それが最後まで耳に残っていた。


おススメ度: 個人的には『父親たちの星条旗』と比べて、こちらのほうが好ましく感じた。戦争と人間というテーマの中で、決して好戦的でも過剰な反戦思想によって製作されているわけでもなく、それがメッセージ性が弱いと言われる原因にもなっているかもしれないが、自分としてはこれで充分ではないかと思う。おススメ度はにしている。




【原作】