TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


ミッション・クレオパトラ(2002年)


ASTERIX & OBELIX:MISSION CLEOPATRE/フランス

監督:アラン・シャバ

<キャスト>  クレオパトラ:モニカ・ベルッチ  アステリックス:クリスチャン・クラヴィエ  オベリックス:ジェラール・ドパルデュー  ニュメロビス:ジャメル・ドゥブーズ 他

2003年劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)



Asterix et Obelix : Mission Cleopatre trailer



クレオパトラをモニカ・ベルッチが演じたフランスのコメディー映画。内容的にはあんまり歴史映画の感はない。原作が漫画ということもあり、雰囲気は軽くハチャメチャな最後まで楽しめる作品になっている。扱っている時代が時代の作品ではあるが、肩の力を抜いてひとしきり笑える作品になっている。重厚な歴史劇を観たい方にはおススメしないが、気の沈んだときに観てみるといい。勉強の役には全く立たないが。とりあえず、美人で、わがままで、見栄っ張りなモニカ・ベルッチのクレオパトラ女王が見られただけで充分といえば充分。


物語は、シーザーが滞在するエジプト。エジプトを見下す発言を繰り返すシーザーにキレたクレオパトラは、3ヶ月で荘厳な宮殿を建ててみせると宣言してしまう。その指揮を任されたのが前衛建築家のニュメロビスだった。いくらなんでも3ヶ月は無理だと言うニュメロビスに、もしできなかったらワニの餌にすると脅すクレオパトラ。しぶしぶ始めたニュメロデスだったが、ガリアの僧が持つ魔法の薬をもらえば、ワニに食われることもないとガリアに向かう。パノラミックス、オベリックス、アステリックスの3人と忠犬イデフィックスの協力を手に入れたニュメロデスは国に戻り魔法の薬の力を使って猛烈な勢いで宮殿の建設が進む。だが、妨害者の卑劣な罠が迫っていた。


おススメ度: おススメ度はにしてこそいるけれど、本当に面白い作品。もともと漫画原作ということもあって軽妙なノリと、ギャグは楽しくおススメ。モニカ・ベルッチのクレオパトラもはまり役。美人でクールで、「3ヶ月で宮殿を建てろ。できなければワニの餌」なんて言うワガママぶり(言われたほうはいい迷惑だが、「強くなればワニに食われずに済む!」とガリアまで行くこいつもこいつだ……。)を発揮してくれる。ただ、これを見て古代エジプトの時代や古代ローマの時代に思いを馳せられる作品ではない。




【クレオパトラ関連】