TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


ナポレオンの愛人(2006年)


N (Io E Napoleone)/イタリア・スペイン・フランス

監督:パオロ・ヴィルツィ

<キャスト>  モニカ・ベルッチ  ダニエル・オートゥイユ  エリオ・ジェルマーノ  サブリナ・インパッチャトーレ 他

劇場未公開



N io e Napoleone - Trailer



イタリアで話題になったエルネスト・フェレーロの『N』を映画化。イタリアの宝石、モニカ・ベルッチが大胆なヌードを披露していたり、パッケージも彼女の顔が前面に出されていて、この作品のメインはモニカ・ベルッチのような印象を受けるが、この作品の主人公はエリオ・ジェマーノが演じているマルティ−ノだと思う。モニカ・ベルッチをあんまり前面に押し出したために、結果的に、コメディでもないし、歴史物でもないしなあ、と思ってしまう作品になってしまった気がする。


時代は1814年。ヨーロッパでの戦争に敗れてフランス皇帝位を失ったナポレオンはエルバ島へと流された。エルバ島では、ナポレオンが来ることを喜ぶ者もいたが、教師のマルティーノは、反ナポレオンの思想を持っていた。ところが、マルティーノはナポレオンの回顧録を書くための司書としてして雇われることになる。ナポレオンを殺す絶好の機会だと感じたマルティーノはその依頼を受けるが、人間的な部分に触れ、個人的好感を抱くようになる。マルティーノの愛人の男爵夫人エミリアをナポレオンが見染めたことで、事態は少しずつ変わり始める。そして、運命を決定づける事件が起きた。そして、エミリアの選択は……。


当時のエルバ島の島民の様子が少し描かれていて興味深い。おそらくエルバ島はナポレオン戦争の戦火には巻き込まれなかっただろうし、ナポレオンのことを、さびれた島を活性化させてくれる英雄のように思っていたのかなと思う。逆に、この映画の主人公のように、反ナポレオンの住民も多く、島は二分されていたのかもしれない。


個人的にも、ナポレオンの業績を、それほど評価はできないと思っている。だが、それが個人として接する機会があったならどうだろうと思う。思想は時として感情を裏切り、感情は時として思想を裏切る。なんとなく、ナポレオンを頂点とした思想と感情の三角関係……そんな気がした。


おススメ度: エルバ島でのナポレオンというのはあまりテーマにされることはないので、歴史ものとしても興味のある作品(実話かどうかは別にして)。戦争は終わったかのように思いつつ、しかしまだナポレオン戦争は終わっていない時代。ある種の皮肉を込めた歴史コメディなのはわかるが、やはりモニカ・ベルッチを前面に出しすぎだろうと思う。いろんな意味で、惜しい作品だと感じた。おススメ度はにしている。