TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


真夏のオリオン(2009年)


日本

監督:篠原哲雄

<キャスト>  倉本孝行(海軍少佐・イ-77潜水艦艦長):玉木宏  倉本いずみ/有沢志津子:北川景子  有沢義彦(海軍少佐・イ-81潜水艦艦長):堂珍嘉邦  坪田誠(軍医中尉・イ-77潜水艦軍医長):平岡祐太  遠山肇(イ-77潜水艦回天搭乗員):黄川田将也  桑田伸作(特務機関大尉・イ-77潜水艦機関長):吉田栄作 他

2009年劇場公開(東宝)



Orion in Midsummer japanese movie trailler



太平洋戦争末期を舞台に、日本海軍の潜水艦イ-77とアメリカ海軍駆逐艦の息詰まる攻防を描く戦争映画。原作は池上司の「雷撃深度一九・五」。同じく潜水艦を舞台にした映画『ローレライ』の原作の福井晴敏が監修にかかわっている。


物語の始まりは、現代の高校教師の有沢志津子のところに、アメリカ海軍の退役軍人から一枚の楽譜が送られて来るところから。なぜこれを敵国の軍人が持っているのか、その理由を知りたいと、戦時中に祖父・倉本孝行の部下だった鈴木に話を聞きに向かう。鈴木が語る、有沢が知ることのない祖父の姿。昭和20年8月。戦争が終結に近づいていたその時、潜水艦乗りたちは、アメリカの駆逐艦と対峙していた。


確かに、傑作潜水艦映画の『眼下の敵』と比べると、どこかに陳腐さが残る。泣いてくださいと言わんばかりの音楽もどうだかなと思ったし。潜水艦と駆逐艦の戦いも手に汗握るというものではなかった。


出演陣では、吉田栄作さんの好演が光る。寡黙なたたき上げの機関長をしっかりと演じていたと思う。出演陣の演技にはいろいろ感想あろうと思うが、戦争を知らない世代が、真剣に戦争に向き合っていると感じた。玉木宏さんが演じた倉本孝行は実在の人物ではなかったが、大戦末期の日本海軍ではさらに若い艦長も実在したそうである。海軍軍人が大勢いなくなったためでもあったのだろうが、これを書いている自分も彼らと同じ30歳。自分などよりも、ずっとずっと大人で真剣にその時を生きていた人たちだったのだろうな……などと感じた。


おススメ度: しかし、潜水艦ものに外れなしという言葉があるとおり、潜水艦の中という特殊な状況を舞台に設定すると、それなりに作品が引き締まる気がする。ただ、戦争の悲惨さや、戦争をしてはいけない、という戦争への否定をメッセージにするのに、なんだか命がけという感じがしてこない。なんだか、スポーツをしているような感じがして……。何だか、戦争に対するリアルが感じられなかった映画だったと感じた。おススメ度はにしている。




【関連商品】














【原作】