TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


プライドと偏見(2005年)


Pride & Prejudice/イギリス

監督:ジョー・ライト

<キャスト>  エリザベス・ベネット:キーラ・ナイトレイ  Mr.ダーシー:マシュー・マクファディン  Mr.ベネット:ドナルド・サザーランド  ベネット夫人:ブレンダ・ブレシン 他

2006年劇場公開(UIP)



Pride & Prejudice - Trailer



18世紀後半のイギリスを舞台にしたジェーン・オースティンの名作『高慢と偏見』の映画化作品。主演にキーラ・ナイトレイ。プライドと偏見が邪魔をして素直になれない男女の姿を描いた作品。見た後の印象がさわやかな名作と呼ぶに相応しい作品に仕上がっている。


舞台となるのはイギリスの田舎町。ベネット家の子達はいずれも女子ばかり。女子に相続権が無いこの時代、父親が死んだら、ろくに交流も無い従兄弟がすべてを持っていってしまう。母親は、良縁を探して奔走していた。そんな折、近所に大富豪のピングリーが引っ越してくる。ピングリーが主催した舞踏会に招かれたベネット一家。そこで次女のエリザベスは、ピングリーの親友のダーシーと出会う。そこで、彼の高慢な態度に反感を覚えたエリザベス。さらに、ダーシーに対する誤解を深めるような出来事が起こってしまう。


映像も音楽もとても良質で、二時間まったく不快さを感じることなく観られた。封建的な風潮の残る近世を舞台に誤解しあっている2人が、素の相手を知ることで互いに結ばれていく。ラブストーリーの元祖とも言うべき原作がしっかり活かされている。この後、イギリスはナポレオン戦争に否応なく巻き込まれ、時代は大きく変容していくわけだし、大領主のダーシーと中流家庭のエリザベスの結婚には更なる障害も出てくるんだろうけれど……うん、大丈夫かな、と思いたい。


おススメ度: とりあえず原作は未読なのでその前提での感想になってくるが。とても奇麗なセンスのいい映画に感じた。恋愛映画は、そんなに嫌いではないが、この作品はその中でも上々の作品だと思う。歴史映画のサイトとしては、18世紀末のイギリスの情勢を考えるのは、この映画からは難しいかと思うが、好き嫌いでおススメ度はにしている。映画である以上、時間の制約があるのは仕方ないが、周辺人物の描写は少し不十分ではなかったかと思う。ややヒステリックで無作法な母親や、礼儀知らずの妹たちの描写は出てくるものの、家柄の格差はあれど、ダーシーにそこまで軽蔑されなければならないかという気もしてくる。




【関連商品】




【原作】