TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


クィーン(2006年)


THE QUEEN/イギリス

監督:スティーヴン・フリアーズ

<キャスト>  エリザベス女王:ヘレン・ミレン  トニー・ブレア:マイケル・シーン  フィリップ殿下:ジェームズ・クロムウェル  クィーン・マザー(皇太后):シルヴィア・シムズ  チャールズ皇太子:アレックス・ジェニングス 他

2007年劇場公開(エイベックス・エンタテイメント)



"The Queen" - trailer



1997年8月31日。ダイアナ元皇太子妃がフランスでパパラッチとのカーチェイスの末、自動車事故に遭い死亡する。パパラッチによる過度の取材姿勢が批判されたが、その死には疑問も多い。イギリスの諜報機関による謀殺を信じる者もおそらく多いだろうが、とりあえずこの作品にとってのテーマではない。


エリザベス女王は、あの事件とどのように向き合ったのか。突然の悲劇に国全体が悲しみに暮れる中で、なかなかスコットランドの別荘から戻らず大バッシングを浴びることになったエリザベス女王と、国民と王室の間で、事態を収拾しようと奔走する若い宰相、トニー・ブレア。ダイアナ元妃の死後、数日間が描かれた物語。


綿密な取材の上で作られた作品だということだったが、どうだろう。この作品が公開されたときは、なんだか凄い常識破りの作品が出てきたような印象を受けたが、見てみたらエリザベス女王とブレア首相のヨイショ映画に思える。事件の裏側では、高貴なるエリザベス女王は厳粛にその死を悼むことを望み、ブレア首相は王室を守るために奔走する。一方的に悪者にされているのは死んで反論できないダイアナ元妃だけ。


作品のクォリティ自体はかなり高いと思う。エリザベス女王は自分で車を運転するような人間臭い場面も出てくる。その途中で神々しさを感じるような鹿と遭遇する場面はとても美しい場面。しかし、その鹿も、成り上がりの銀行投資家によって撃ち殺されてしまう。なんだかな〜。エリザベス女王は、どうあがいても王室という特殊な世界で生きてきた人間に他ならず、世間の一般的な大衆の考えとずれていることに気付きながら否定しようとする。


スキャンダラスな部分はあまりなく、時間も1時間40分。飽きずに最後まで見られる作品だろう。


おススメ度: ・・・・・・どういう感想を抱けばいいんだろうか、観終わってから、ふと考えてしまった。ダイアナ元妃の死を大声あげて嘆いているイギリス人はここまで落ちたかと嘆きたいのか。あるいは、「王室は常に国民のことを第一に考えてくださっている」とでも言いたいのか。・・・・・・最初から答えなどはないのかもしれないが、観た人が勝手に判断してといわれるのも、何だか投げ捨てられた気がする。実のところ、最後は「だから何なの?」という感想しか正直持てなかったのでおススメ度はにしている。




【エリザベス2世関係】