TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


ロビン・フッド(2010年)


ROBIN HOOD/アメリカ・イギリス

監督:リドリー・スコット

<キャスト>  ロビン・ロングストライド:ラッセル・クロウ  リアン:ケイト・ブランシェット   ゴドフリー:マーク・ストロング   ウィリアム・マーシャル:ウィリアム・ハート   クック修道士:マーク・アディ 他

2010年劇場公開(東宝東和)



映画『ロビン・フッド』予告編



12世紀イングランドの伝説の義賊『ロビン・フッド』を『グラディエーター(2000年)』のリドリー・スコット監督、主演ラッセル・クロウで製作されたスペクタクル・アクション・アドベンチャー。映画の中では、ラッセル・クロウ演じる傭兵ロビン・ロングストライドが、義賊ロビン・フッドとなるまでを描く。


12世紀末。十字軍遠征に参加した弓の名手ロビン・ロングストライドは、リチャード王が死んだことで、仲間たちとともに部隊を離れる。そこで、ある騎士が撃たれる現場に遭遇。騎士はロバート・ロクスレーといい、王の冠をイングランドに運ぶ途中だった。ロビンらはロバートになり済ましてイングランドに戻り、リチャード王の母に、王冠を渡す。それから、ロバートの遺言を果たすために、彼の父でノッティンガムの領主であるサー・ウォルターの元に向かう。そこで、ウォルターとロバートの妻マリアンと出合ったロビン。ウォルターは、領地が没収されるのを防ぐために、しばらくの間ロバートのふりをしてほしいと頼む。素朴な人柄で住民bにも親しまれるようになったロビンは、やがてマリアンとも心を通わすようになる。そのころ、リチャード王のあとを継いで弟のジョンが王となったが、奸臣のゴドフリーの策略で、イングランドにフランスの手が伸びてこようとしていた。


イングランドの大河ドラマに有名人のロビン・フッドをからませたような印象。1991年のケビン・コスナーの『ロビン・フッド』や児童文学のロビン・フッドをイメージしながら見ると、多分裏切られることになると思う。ラッセル・クロウもケイト・ブランシェットも、ロビンが義賊となる直前を舞台に描くのには、ちょっと年齢が高すぎるような気がして、違和感を感じた。


おススメ度: 150分ほどの映画だったが、ちょっと見ていてきついと感じた。何より、ロビン・フッドをからめたストーリーにする必要はあったのか? おススメ度はCにしている。




【関連商品】