TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


ファイナル・ソルジャー(2005年)


River Queen/ニュージーランド・イギリス

監督:ヴィンセント・ウォード

<キャスト>  キーファー・サザーランド  サマンサ・モートン  クリフ・カーティス 他

劇場未公開



River Queen



1860年代のニュージーランドを舞台にした戦争ドラマ。離れ離れになった母子の物語を主軸にイギリス軍とニュージーランドの先住民との対立、戦争を描いている。主人公がアイルランド人という設定は侵略された側が今度は侵略者に回る矛盾を描いていたのだろうけれども、あまり効果的に機能はしていなかったかなと思う。

主人公サラは軍医の娘だった。その彼女が、マオリ族の青年と恋に落ち子供を設けてしまう。青年は死んでしまったが、サラは1人子供を育てていた。その姿を、ひそかに思いを寄せていた兵士のドイルは見守り続けていた。しかし、ある時、マオリ族の長老によって息子はさらわれてしまう。それからサラの孤独な戦いが始まった。

サラと息子は物語の半分よりも前で再会する。しかし、実際には数年の年月が経ち、立派なマオリの戦士に成長した姿を見せ付けられることになる。残酷というのは、ああいう場面のことをさすのだろうなと思う。

しかし、ドイルは気の毒というか立つ瀬が無いなあ。

おススメ度: ニュージーランドの歴史に少し興味を持てた……かなとは思う。白人と先住民との対立に翻弄される母子の物語だが、正直何が言いたいのかよくわからなかったのが本音。おススメ度はにしている。