TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


ロミオとジュリエット(1968年)


Romeo and Juliet/イギリス・イタリア

監督:フランコ・ゼフィレッリ

<キャスト>  ロミオ:レナード・ホワイティング  ジュリエット:オリビアハッセイ  ティボルト:マイケル・ヨーク 他

1968年劇場公開(PAR)



Romeo & Juliet Trailer



舞台は15世紀イタリアのヴェローナ。この頃のイタリアは地域としての名前はあっても、各都市が強い力を持ち分裂状態、統一国家など存在しなかった時代。


ウィリアム・シェイクスピアの最も有名な悲劇作品の映画化。ロミオ役にレナード・ホワイティング、ジュリエット役をオリバー・ハッシーが務めた。二人がまだ無名の新進気鋭の若手だった頃の作品。


ヴェローナの町の名門モンタギュー家とキャピュレット家は、かねてよりいがみ合い、町で会えばすぐに喧嘩に発展するような間柄だった。そのモンタギュー家の息子ロミオと、キャビュレット家の娘ジュリエットが出会ってしまったことから悲劇が始まる。両家の不和を必ず乗り越え幸福になろうと誓い結婚をした二人だった。しかし、ロミオの友人マキューリオとジュリエットの従兄弟ティボルトがトラブルを起こし、ティボルトにマキューリオが殺害されてしまう。怒りに任せてティボルトを殺してしまったロミオ。ロミオは町を追放になってしまう。悲しみにくれるジュリエットに、ロミオとジュリエットの結婚の立会人であった神父がある秘策を与えた。2人の出会いから物語の終わりまでわずかに三日。まさしく駆け足の愛である。


名作の映画化というのは大変だっただろうと思う。もちろん、この作品を含め、ロミオとジュリエットの映画化は何度もされているが、決定版といえるのはこの作品だろう。製作が1968年であることなど忘れさせられる傑作である。物語の期間がわずかということもあって、特に後半以降テンポ悪く感じるところがあったが、そんなに気になるところではないと思う。


自分は必ずしも無神論者ではないつもりだが、それを差し引いても、運命を信じてしまうような出来事は時としてある。この作品もイタリアで現実にあった悲劇が元になっているそうだ。そして、こうしたことは現代でも、新聞に載っていないだけできっとどこかで起きている悲劇なんだろうと思う。些細なことで、いがみ合うことは、最後には悲劇という形で罰として返って来るという教訓は、時代が変わっても付いて回る。


おススメ度: 古典的名作を忠実に作られた名作。シェイクスピア文学の映画作品の中では、最も良質の作品の一つだろうと思う。都市国家乱立期のイタリアの情景もよく出ていると感じ、おススメ度はとしている。




【原作】