TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


マスク・オブ・レジェンド(2006年)


THE DAY OF WRATH/アメリカ

監督:エイドリアン・ルドミン

<キャスト>  クリストファー・ランバート   ブランカ・マルシラッチ  ブライアン・ブレッスド   ジェームズ・フォークナー  フィリーダ・ロウ 

劇場未公開


16世紀のスペインを舞台に、連続殺人事件の謎に迫る保安官と、それを妨害する謎の勢力の戦いの物語。当時のユダヤ人に対する迫害や、異端審問を背景にしたサスペンス。現実のユダヤ人迫害や異端審問は作品で描かれるよりはるかに残酷で、容赦のないものだった。

物語の始まりは新たな総督が任じられた頃。貴族が立て続けに殺されるという事件が起こった。死体には謎のアルファベットが刻み込まれていた。それに立ち会った保安官のルイは、家人に身元を確認させるために現場を離れるがその間に死体は消えていた。しかも、死んだはずの貴族の家人でさえ、死んでいないと言う。事件の裏を調べるために動き始めたルイは、少しずつ事件の真相に近づいていく。命を狙われることになったルイは謎の仮面の男に命を助けられる。そして、男は事件の黒幕の元にルイを連れて行く。黒幕が語った真実は、ルイの予想だにしないものだった。

キリスト教の負の部分であるユダヤ人迫害や異端審問をわかりやすく物語に組み込みながら、良質のサスペンスに仕上げていると感じた。残念ながら主人公ルイが正直、これでも保安官かというくらいに頼りない。いつまでも真相に近づかず、しびれを切らした黒幕側が近づいてきて真相をベラベラ話してくれるというストーリーは、せっかく張った色んな伏線をずたずたにしているような感があったが十分楽しめた。

おススメ度: 時代背景もしっかり描かれ、シナリオもしっかりしている。パッケージや邦題の付け方は気に入らないが、かなりおススメ作品。おススメ度はにしている。