TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


ラスト サムライ(2003年)


THE LAST SAMURAI/日本

監督:エドワード・ズウィック

<キャスト>    ネイサン・オールグレン大尉:トム・クルーズ   勝元盛次:渡辺謙   氏尾:真田広之  たか:小雪   サイモン・グレアム:ティモシー・スポール 他

2003年劇場公開(ワーナー)



the last samurai trailer



明治維新後の日本を舞台にハリウッドが製作した侍の物語。過去に制作された日本を舞台の一部映画に見られるような蔑視や偏見、思い込みだけで作られ、日系人が片言の日本語で話しているような映画と異なり、美術や衣装などは本格的で、真面目に日本の武士を描こうとしていることに好感を持てる。また、日本人出演陣はその存在感をしっかりと見せつけてくれている。
どうしても、アメリカ人が製作する作品なので、わかりやすく簡略化していたりする面もあるものの、アクション作品としてみれば良質の作品だろう。

『ラストサムライ』の舞台となるのは1870年代の日本。明治維新が成り、本格的に国家の基盤を整えようとしている時代。軍備の近代化のためにアメリカから南北戦争の英雄ネイサン・オールグレン大尉を招聘する。しかし、勝元盛次の不穏な動きに焦った政府は。オールグレンの忠告を無視して急ごしらえの部隊を実戦に投入する。しかし、勝元率いる侍の集団に圧倒された部隊は崩壊し、オールグレンは捕虜となってしまう。勝元の本拠に連れてこられたオールグレンはそこでの侍の生活や思想に敬意を抱くようになる。オールグレンの世話を任されていたのは勝元の妹のたかという女性だったが、彼女の夫はオールグレンの手で殺されており、オールグレンに心を開くことができない。やがて、春になり勝元らはオールグレンを連れて東京に降りてくる。勝元は廃刀令に従わず大村参事の命令で監禁される。オールグレンは勝元の救出を決行し、犠牲は出しつつも本拠へと連れ帰る。しかし、政府軍が勝元とその配下の侍をせん滅すべく最新の兵器と西洋式の訓練を積んだ兵たちを進撃させる。

モデルとなっているのは西南戦争や陣風連の乱、佐賀の乱などのように明治十年ごろまで立て続けに起こった不平士族による反乱だろう。明治によって特権階級だった武士は士族となり時流に乗れなかった士族は没落していく。断髪令や廃刀令によって武士はその象徴を失い、徴兵制によって新たに生まれた軍隊によって存在意義を失った。侍を少々美化(というよりもアメリカ人がイメージするような侍像)している感じや漫画の中にしか出てこないような忍者などが出てきたりするものの、十分に楽しめる一本だろうと思う。

おススメ度: この映画で武士道がどうとか語れないとは思うものの、茶化したり思い込みで製作されたりしていないと感じる真面目な一本。最後まで飽きずに見られる映画だと思うので、おススメ度はとしている。



【関連商品】