TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


ザ・ローマ〜帝国の興亡〜(2003年)


ANCIENT ROME:THE RISE AND FALL OF AN EMPIRE/イギリス

<キャスト>  マイケル・シーン  ショーン・バートウィー  ジェームズ・ダーシー  ピーター・ファース  デヴィッド・スレルフォール 他

TV


英国BBC製作の古代ローマ帝国を舞台にした史劇。これまで、焦点が当たっていた人物もそうでない人物も描かれており、新しい発見もあるかもしれない。

ローマ帝国時代約500年間を舞台に6つのエピソードで描かれている。紀元前27年にオクタヴィアヌスがアウグストゥスに指名され、それまで「尊厳ある者」の意味にあったアウグストゥスが皇帝を意味するようになるが、それ以前からローマの共和政はガタガタになっており第3話でその100年前のグラッスス兄弟が行おうとした改革と暗殺によってそれが断念される物語が描かれているのは、第2話に描かれるカエサルによって実行に移されたことから、すでに帝政への移行が始まっていたという見立てだろうか。最後の2話でローマ帝国がローマ帝国として築き上げたものを失っていく姿を描く。

ドラマなので多少の脚色はあるものの、物語によって兵装が違っていたりするあたりはこだわりを感じる。ローマの皇帝と言うのが絶対的権力者ではなく、さまざまなバランスの上に成り立っていた権力者だったことが見て取れる。以前、日本の古代ローマを描いた特別番組でも使われたそうだが、ローマ帝国という時代を感じさせてくれる一本になっている。娯楽性は低い作品だと思うが、1話1時間とそれほど長くはなく、2話1巻でレンタルもされているので、興味があれば探してみられたらいかがだろう。

おススメ度: 娯楽作品としては弱いとは感じたものの歴史の勉強の教材としてよいかと思う。これまで、あまりドラマなどの主役などにならなかった皇帝などを取り上げている点でもおススメ。おススメ度はにしている。