TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


ニュー・ワールド(2006年)


The New World/アメリカ

監督:テレシス・マリック

<キャスト>  ジョン・スミス:コリン・ファレル  ポカホンタス:クオリアンカ・キルヒャー  ニュー・ポート船長:クリストファー・ブラマー  ジョン・ロルフ:クリスチャン・ベイル 他

2006年劇場公開(松竹)



The New World Trailer (original)



ディズニー・アニメ『ポカホンタス』でも知られるアメリカ大陸への入植時代の実話をベースにした映画化。アメリカ大陸における先住民への収奪行為という大航海時代の負の部分を物語にしている。環境映像のような美しい映像がイメージに残るが、逆に、そればかりが印象に残っているような気もする作品。


1607年、北アメリカのヴァージニア周辺に到達したイギリスの船があった。そこには、先住民の集落が既に存在しており、ニュー・ポート船長は航海の途中で反乱を起こして繋がれていたジョン・スミスに探索を命じ、先住民との接触を試みさせる。


ジョン・スミスは、探索の途中で先住民に捕獲され、酋長の元に引き出された。余所者を受け入れない先住民たちは、ジョンを殺そうとしたが、酋長の娘のポカホンタスが、助命を申し出たことで、一命を救われる。彼らとともに、生活するようになったジョンは、ポカホンタスに愛情を感じるようになる。ポカホンタスもジョンに恋心を抱いていたが、二人の間にある、人種や文化の壁は、二人を否応なく引き裂いていくのだった。


とりあえず、万人向きではないかな、と思う。少なくとも、刺激の強い映像作品を見たい人向きではない。ストーリーは起伏に乏しく、淡々と、静かに静かにストーリーは流れていく。個人的に途中からジョン・スミスからポカホンタスの視点に変わってしまっているのが気に入らなかった。主人公一人だけの視点で、心境を吐露させながら物語を進めるべきだったと思う。


その奥行きのある、木漏れ日や飛沫のような繊細な画を計算されつくした構成で描き出した素晴らしい映像は秀逸。それだけで、広い広い世界を舞台にした壮大な世界を感じさせてくれる。ジョン・スミスが出会ったアメリカ大陸と、ポカホンタスが出会ったヨーロッパという新たな世界。"New World"のタイトルは、作品のテーマをしっかり描き出したタイトルだと思う。


おススメ度: すごく綺麗な作品。抑揚のない作品なので嫌いな人は嫌いだろうなぁと思う。ジョン・スミス、ポカホンタス、ニュー・ポートの3人の絡み合う感情が綺麗に表現された作品だと思う。おススメ度はにしている。




【関連商品】