TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


ブーリン家の姉妹(2008年)


The Other Boleyn Girl/アメリカ・イギリス

監督:ジャスティン・チャドウィック

<キャスト>  アン・ブーリン:ナタリー・ポードマン  メアリー・ブーリン:スカーレット・ヨハンソン  ヘンリー8世:エリック・バナ 他

2008年劇場公開(ブロードメディア・スタジオ)



『ブーリン家の姉妹』劇場版予告編



テューダー王朝の最盛期を迎えることになるエリザベス1世を産んだ女性。アン・ブーリンとその妹メアリー、ヘンリー8世の三角関係の物語。正確にはメアリは妹ではなく姉なのだが、純粋で愛に生きるメアリーと勝ち気なアンの関係を描くとメアリーは姉より妹のほうが良いという判断だろう。実際それで成功だったと思う。歴史ものだと言っても、映画であり、個人的にはエンターテイメント性を重視し、そのために変更してもよいところは変更しても問題ないと思うので、あくまでフィクションはフィクションとして見るべきだと思う。


個人的には格調高い良作に仕上がっていると感じた。同時代を舞台にした『エリザベス(1998年)』のような鮮烈なイメージの作品ではないが、メアリーへの嫉妬から狂気に憑かれたように妹を裏切るアンの姿や、ヘンリー8世の寵愛を取り戻そうとメアリーにすがりつく姿、そしてヘンリー8世によるアンの処刑。場面場面の心理描写がしっかりしていて違和感なく見られた。とくに、アン役のナタリー・ポードマンの好演が光る。スカーレット・ヨハンソンもすごくいい女優さんだと思うけれども、この作品では、アン・ブーリンのとにかく勝ち気で、行動的で、さらに死に際して顔を恐怖で歪めるような次々に迫ってくる場面の中で、メアリーの場面はどうも一本調子な感がある。ちょっと気の毒かも。配役を逆にしてやってみたら、また面白くなるんじゃないかな……なんて思ってしまった。


物語は、ヘンリー8世の妻キャサリンが、子供を死産するところから始まる。新興貴族のトマス・ブーリンは、妻の弟のノーフォーク公爵から王が男の子を産むための愛人を探しているという話を聞き、それならば娘のアンを差し出してはどうかと提案する。王を自宅に招くことができたブーリン家だったが、思わぬことでアンがヘンリー8世に怪我をさせてしまい、妹のメアリーが介抱したことで、王はメアリーを気に入り、一家を宮廷に呼び寄せる。しかし、メアリーは既に結婚していた。嫌がるメアリーだったが、王命とあらば従わざるを得ず宮廷に入ることをしぶしぶ承知しなければならなかった。それもやがて、メアリーはヘンリー8世に好意を抱くようになり、王の子を身ごもる。その間にアンはスキャンダルを起こしフランスへと送られてしまう。それから2か月。メアリーに対し、嫉妬を超えて憎しみを抱いたアンは、イングランドの宮廷に戻ると、出産に備えて修道院にこもることになったメアリーを差し置いて、ヘンリー8世にアピールを始める。そしてメアリーの出産のその日、王はメアリーを捨て、アンのもとへ行くのだった。


このあと、イングランド国教会を設立しローマ教会と断絶したヘンリー8世がアンと結婚するも、男の子を埋めなかったアンから興味を失っていき、焦るアンが墓穴を掘って人生を狂わしていくさまが描かれる。結局悪かったのは誰だろう。自らの出世のために娘を差し出した父とその叔父か、それとも好色で移り気な国王か、勝気で傲慢だったアンか、それとも……。結局は時代のせいと言ってしまえばそれまでかもしれないけれど。


おススメ度: 権力者の欲望が社会と、女の運命を変えていくというストーリーはオーソドックスながら飽きずに最後まで見られた。一見の価値ある良作だと思うので、おススメ度としている。




【関連商品】