TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


女王エリザベス(1939年)


The Private Lives Of Elizabeth And Essex/アメリカ

監督:マイケル・カーティス

<キャスト>  ベティ・デイヴィス  エロール・フリン  オリヴィア・デ・ハヴィランド  ドナルド・クリスプ 他

劇場未公開


女王エリザベスとエセックス伯との恋愛模様を描いた作品。一人の女性としてのエリザベスと女王としてのエリザベスの葛藤が描かれている。2人の年齢は20歳も離れていて決して結ばれることのない恋愛だった。この作品では、2人の恋愛模様に宮廷の権力闘争が絡み、不幸な結末を迎えることになる。歴史映画というジャンルは、結末が分かっているドラマでもある。たとえその過程や2人の感情を丁寧に描こうと、エセックス伯の死という結末から逃れることはできない。見ていて物悲しく感じた。


とても見やすい作品だったが作品自体は古さを感じるのは否めない。エリザベスの女王としての凛々しさも高慢さも、エセックス伯の軽薄さや傲慢も、いまいち中途半端な印象を受ける。何より、あまり、16世紀という時代を感じられない作品だった。


おススメ度: 古き良き時代の歴史劇。ただ、古いことのほうが印象に残る。正直、近年の作品を見慣れてしまうと、あまり印象に残るところのない作品ではないかと思う。おススメ度はとしている。




【エリザベス1世関連】