TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


タイタス(1999年)


Titus/アメリカ

監督:ジュリー・テイモア

<キャスト>  アンソニー・ホプキンス  ジェシカ・ラング  ジョナサン・マイヤーズ  アラン・カミング 他

2000年劇場公開(ギャガ=ヒューマックス)



'Titus' trailer



ウィリアム・シェイクスピア原作の復讐劇。ローマ帝国が舞台だが、とにかく時代感はほとんどない。現代風で奇抜な演出を楽しめるかどうかがポイントかと思うが個人的にはもっと、しっかりとした史劇にしてほしかったと思う。残念ながら、ずっと白けながら観ていた。


とにかく、残酷な作品。ラヴィニアのレイプ場面……舌を切られたラヴィニアの口から血が滴る場面は、ぞっとしながらも、凄く美しい場面だと思ってしまった。とにかく、誰も救われず、誰も助からずに終わってしまう物語なので、見終わった後に、あんまりいい気分は残らなかった。


物語の舞台は(一応)ローマ帝国。ゴートの国から捕虜を連れて帰国したタイタス・アンドロニカスは、自身の息子を殺された報復として、女王タモラの長男を殺害する。そのころ、ローマでは次期皇帝を巡り、長男サターナイアスと弟パシアナスが争っていた。裁定を任されたタイタスは、サターナイアスに皇帝位を指名する。しかし、サターナイアスに忠義の印として女王タモラらを献上したタイタスだったが、サターナイアスはタモラを気に入り、妻にしてしまう。タモラは、殺された長男の復讐としてタイタスの一族すべての抹殺を企て、周到に罠を張っていた……。


正直、タモラとタイタスの直接対決というべき場面がなかったのは残念。タモラの行動を肯定することは出来ないにせよ、そもそも、タモラの憎しみのきっかけを作ったのも、サターナイアスを皇帝にしたのも、タイタスの自業自得と言えないこともない。復讐するは我にありと言ったところで、めぐり巡って自分に返ってくるぞ、というのが主題なのかな。


おススメ度: この演出を気にいるかどうかによって評価は少し変わってくるのではなかろうか、と思う。シェイクスピアのファンには意外に受けがいいというようなことも聞くので、原作の主題は損なわず映像化はできているということかと思う。おススメ度はにしている。




【関連商品】






【原作】