TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


トロイ(2004年)


Troy/アメリカ

監督:ウォルフガング・ペーターセン

<キャスト>  アキレス:ブラッド・ピット  ヘクトル:エリック・バナ  パリス:オーランド・ブルーム  ヘレン:ダイアン・クルーガー 他

2004年劇場公開(ワーナー)



トロイ 予告編



ギリシア神話のトロイア戦争を題材に描かれた大作映画。ギリシア神話のトロイア戦争はとにかく膨大で壮大な物語で、様々な神々が登場する。今作はそういった神話の要素は排除され、神は概念としてのみ登場する。直接ストーリーに関与し、見えざる手によって登場人物たちを翻弄する存在はいない。


人間ドラマにこだわった、いい作品になっていると個人的には思う。パリスはあまりに自分勝手で幼い思考の末に、スパルタの王妃ヘレンを連れ去り、スパルタの王メネラオスと、その兄でミュケナイの王アガメムノンのトロイ侵攻のきっかけを作ってしまう。自分たちがやってしまったことの結末にパリスもヘレンも悩み苦しむ。トロイの英雄でパリスの兄のヘクトルもひとたび鎧を脱げば、家族を何よりも大切にするよき父でもある。英雄アキレスでさえ、名誉を求め戦場へと赴いたが、そこで捕虜になったプリセウスと出会い恋におちる。そこで名誉ある戦いをして後世に名を残す英雄になる道と共に、凡人として子供を作り平穏に生きる道もあるのではないかと思うようになる。しかし、アキレスは既に戦場で多くの命を奪ってしまった。もう引き返すことはできない。ブリセウスがアキレスに言った「もっと無神経な人だと思っていた……なら許せたのに」という台詞が印象に残っている。アキレスに救われたブリセイスが、アキレスを人殺しと罵りながらも、その本質に触れ感情を変化させていく過程で出てきたセリフ。多くの人物たちの感情が複雑に絡み合い、この壮大なスケールの物語を生み出している。


強固なトロイの城壁にギリシアの連合軍が迫るシーンや、有名なトロイの木馬。そしてトロイの町が炎上していく場面はいずれも見逃せない、迫力あふれる映像だが、やっぱり一番の見せ場は、アキレスとヘクトルの一騎討ちの場面。小競り合いでヘクトルがアキレスと間違えてアキレスの甥を殺してしまう。アキレスはその仇を討ちにトロイの城門にたった一人向かう。ヘクトルの名を呼ぶアキレスの声をバックに、ヘクトルは父や家族、弟に別れを告げ、敵の英雄との一騎討ちに臨む。


パリスもまた、スパルタ王メネラオスとの一騎討ちに挑んでいる。この戦争のきっかけを作ったのは私だ。だから自らの手で決着をつける。ヘレンを懸けてメネラオスと戦うのだ。そう力説したパリスだったが、愛で力の差は埋められなかった。あの決意はどこへやら、最後は追いつめられて背を向けて逃げ出そうとする。止めを刺そうとしたメネラオスをヘクトルが殺してしまい、もはやこの戦争は引き返せない状況になってしまう。トロイア戦争を舞台にした映画というと1955年の「トロイのヘレン」が浮かぶ。あの作品はパリスとヘレンのラブロマンスだったが今作は、いまいちパリスのへたれっぷりのほうが目立ってしまったかな……と思う。


おススメ度: 壮大な物語をこの時間でおさめ、テンポも良く、及第以上の点をつけてもよいと思う。この作品の原作が神話だと思うとあんまり楽しめないかもしれない。戦闘場面は無駄に感じるところが多く、その辺を削って人間ドラマのほうにもっと力を入れてほしかったなぁという感じがある。あまり、縁のないトロイア戦争や古代史に興味を持てる内容になっていると思うので、おススメ度はとしている。




【関連商品】