TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


ヴァン・ヘルシング(2004年)


/アメリカ

監督:スティーヴン・ソマーズ

<キャスト>  ヴァン・ヘルシング:ヒュー・ジャックマン  アナ王女:ケイト・ベッキンセイル  ドラキュラ伯爵:リチャード・ロクスバーグ  カール:デヴィット・ウェンハム 他

2004年劇場公開(ギャガ=ヒューマックス)



Van Helsing Movie Trailer



正直な感想はかなり残念な作品。とにかく、目が回るほどのアクション場面。難解なストーリーで結局、最後までわからない部分が多かった。謎を抱えた主人公の謎は最後まで分からないまま。その割りに、突然現れたフランケンシュタインはずいぶんべらべらと事の真相を喋ってくれたけど。CGを多用した良くも悪くもハリウッドらしい作品かなと思う。


苦労して、新しいモンスター映画を作ろうとしているのはわかるが、とにかく主役のヴァン・ヘルシングがいまいち弱い。素手での格闘戦では相手にならないし、やられまくっている印象しかなかった。ドラキュラ伯爵も、ちょっと薄っぺらじゃないかなと思ってしまった。少なくともラスボスのイメージじゃないんだよな……。部下(愛人?)の3人の女ヴァンパイアに時間とられすぎじゃなかろうか。


舞台は19世紀の終わりのヨーロッパ。ヴァチカンの秘密結社に依頼され、人に害をなすモンスターを退治する男、ヴァン・ヘルシングが、密命を受け、相棒のカールとともにトランシルバニアへ向かう。そこには、400年にわたりドラキュラと戦い続けるヴァレリアスという一族がいた。しかし、その一族も今は兄妹のみになっていた。彼らを助けることが今回の任務だったが、兄を失ったアナ王女は、ヴァン・ヘルシングの力など借りなくても倒して見せると意気込むのだが。


ラストでは、ドラキュラとの最終決戦になるわけだが、主人公はウルフマンの呪いを受けて魔獣と化してしまう。その激突は迫力ある映像に仕上がっていると思うが、そこに主人公の姿がないのは個人的にはどうかと思う。


電気がバチバチいっているクライマックスはとにかく、19世紀という変革の時代を迎えたヨーロッパの姿が描かれている。衣装は素敵だったし、トランシルバニアの情景は、本当にモンスターの支配する世界だと感じた。色々とこだわった作品だと思うのだが、空回りしてしまったんじゃないかなと思う。


おススメ度: 三大怪奇小説のモンスターたちを登場させ、色々力のこもった作品だと思うのだが…。主人公のヴァン・ヘルシングに少々魅力薄。ストーリー自体は、楽しめる作品になっていると思うので、おススメ度はにしている。




【関連商品】