TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


戦争と平和(1956年)


War And Peace/アメリカ・イタリア

監督:キング・ヴィダー

<キャスト>  ナターシャ:オードリー・ヘプバーン  ピエール:ヘンリー・フォンダ  アンドレイ:メル・ファーラー 他

1956年劇場公開(PAR)



War and Peace (1956) - Theatrical Trailer - c Paramount Pictures



ロシアの大文豪トルストイの名作小説の映画化。原作を読んだだことがなく、ロシア版もみたことがないので他との比較はできないけれど……典型的なハリウッドの史劇作品だなと思う。内容は大味な感があるが、3時間半充分楽しませてくれる。


ナポレオンモスクワ遠征前後のロシアを舞台にしたナターシャとピエールの恋愛物語。というよりも、成長物語という気がするかな。2人が、恋や戦争という現実を通してアイデンティティを確立していく物語というのが印象。


時代は19世紀の初頭。フランスを統一したナポレオンがヨーロッパに覇を唱えようとしていた頃。対抗できたのは島国イギリスと広大な領土を持つロシアのみになっていた。貴族の生まれだったが父親から認知されていなかったピエールは、自棄になる性質があった。そんな彼は伯爵の令嬢ナターシャに淡い想いを寄せていた。ある時、父親が死んだ。父の遺言によりピエールには地位と莫大な財産が転がり込んでくる。勢いだけで美しい貴族の令嬢エレンと結婚したピエールだったが、その結婚生活は破綻してしまう。ピエールには親友のアンドレイという貴族の男がいた。軍人であった彼は戦地に赴き、その間に身重だった妻を失ってしまい、それ以来隠遁生活を送るようになっていた。ピエールの引き合わせでアンドレイとナターシャは出会い恋におちる。結婚の誓いをした2人だったが、ナターシャは大きな過ちを犯してしまう。


戦場の場面も随所に出てくる。ナポレオン率いるフランス軍の侵攻。モスクワから住民は撤退し、空っぽの街を占領するフランス軍。冬将軍の到来と、モスクワからの撤兵。惨めな退却戦。しかし、どうもそこに、戦争の惨めさや残酷さ。血にまみれた戦争の姿が出てこない。そういう姿を出さないことも選択のひとつだと思うが、命は他の何よりも大切だ、という命題を生かすためには、死のインパクトが弱い作品だったかなと思う。


おススメ度: オードリー・へプバーンはやっぱり可愛らしい女優さんだな〜と思う。3時間充分に楽しめる作品だったと思うが、この名作のメッセージをしっかり伝えられた作品かどうかは、う〜ん。ナポレオン戦争の大きな転換点となったナポレオンのモスクワ遠征の前後の時間軸を巧妙に合わせた良作。やっぱりアメリカの作品だなと感じてしまう部分もあるし、メインのはずのメッセージが最後になって付け足しのようにされている感じがあるものの、楽しめる作品になっていると思う。おススメ度はにしている。




【原作】