TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


女衒〜ZEGEN〜(1987年)


日本

監督:杉田成道

<キャスト>  村岡伊平治:緒形拳  しほ:倍賞美津子  王:柯俊雄  長太:深水三章  源吉:杉本哲太 他

1987年劇場公開


女衒……耳慣れない言葉かもしれないが、売春宿に女性を斡旋する仲介業のような仕事である。いかにも時代を感じさせる言葉だが、現在でも途上国(のみならず途上国から日本などの先進国に対しても)ではこういった仲介業が、半ば公然と横行している。

この映画の舞台となっているは明治の終わりから昭和の初めにかけての東南アジア。主人公の村岡伊平治は、この時期に実在した女衒であり、自伝も残している。

時代は明治。口減らしのために公然と女性が女郎に売り払われていた時代を舞台に、一躍、女衒としていくつもの娼館を構えるに到り、わが世の春を謳歌するも、明治天皇が崩御したのち、世界の一等国を目指す日本政府の方針により、女衒としての仕事は厳しく取り締まられるようになる。もちろん、伊平治の娼館も現地警察の取り締まりの対象になり、女衒としての仕事も閉ざされることになる。愛する女にも逃げられ、一転奈落の底に落とされる伊平治だが、再起を目指し現地にとどまることに決める。

一応……このタイトルはポルノではない。裸の女の胸や尻がバーンと出てくるような描写はあるが。扱っているものがものだからなぁ。明治から昭和にかけて、日本がまだ貧しく、これから発展を遂げようとしていた時代の雰囲気は出ていると思う。

おススメ度: 内容的な好き嫌いはあると思うが、結構見ごたえのある一本。ラストで「兵隊さ〜ん」と自転車で追っかけて行く伊平治の姿は、まるで彼の人生それ自体が喜劇だったような終わり方だ。おススメ度はにしている。



【村岡伊平治 自伝】