TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


ジパング(2004年〜2005年)


日本

監督:古橋一浩

<声の出演>  角松洋介:稲田徹  草加拓海:東地宏樹  菊池雅行:星野貴紀  尾栗康平:うえだゆうじ 他

TVM


紺碧の艦隊

ジパングも好評配信中!アニメ見るならバンダイチャンネル!



かわぐちかいじ原作の太平洋戦争を舞台にした架空戦記。原作は『週刊モーニング』誌上で2000年から掲載され単行本は43巻を数え2009年10月に完結した壮大な物語となっている。原作はかわぐちかいじ氏の緻密な描写と時代をミックスさせた見事な戦争漫画になっている。アニメ版も、CGを織り込んだ映像や、自衛隊(防衛庁海上幕僚監部広報課の広報課など)からも協力を受けて不自然な描写などは修正されているという。しかし、残念ながらアニメ版は全26話で終了した。


200×年。海上自衛隊の最新鋭イージス護衛艦『みらい』は米軍との合同軍事演習に向けて出港する。しかし、その途中で嵐に遭遇。その時出現したのは巨大な戦艦大和の艦影だった! 『みらい』は時を超え、1943年のミッドウェー海戦の戦場へと紛れ込んでいたのだ。その戦場で、副官の角松二佐は旧日本海軍の通信科情報参謀の草加拓海少佐を救出する。未来に触れてしまった草加少佐は、これまでも、未来においても現れなかった国……ジパングを目指し歴史の改変を求めて動き出す。そして、否応なく歴史のうねりの中に巻き込まれていく、みらいとそのクルーたちの運命は。


おススメ度: 物語は角松の父親(子供のころの)が不慮の事故に巻き込まれてすでに死んでおり、これまでとは全く違った歴史が動き出したところで終わっている。原作から見れば序盤も序盤。せっかくこれから面白くなるのに……というところで終わってしまった。大変に残念。おススメ度はにしている。




【関連商品】