TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


俺は、君のためにこそ死ににいく(2007年)


日本

監督:新城卓

<キャスト>  鳥濱トメ:岸惠子  中西正也 少尉:徳重聡  板東勝次 少尉:窪塚洋介  田端絋一 少尉:筒井道隆 他

2007年劇場公開(東映)



俺はきみのためにこそ死にに行く



【神風特攻隊】  特別攻撃隊の略。戦闘機や潜水艇に爆弾を積んで敵艦に突入する人間爆弾作戦。「TOKKO(トッコウ)」「KAMIKAZE(カミカゼ)」はそのまま外国でも通用するという。大西瀧治郎中将がレイテ海海戦時に特攻出撃第一号を命じたとされるが、それを持って大西中将を特攻生みの親と呼ぶかは意見が分かれる。大西中将自身はパイロットの育成に大変時間がかかることをよく知っており、特攻自体には大変否定的だったと言われる。沖縄戦でそのピークを迎え、分かっているだけで5000人以上が特攻で戦死したという。


石原慎太郎東京都知事が製作総指揮と脚本を務めた戦争映画。軍の指定食堂を営んでいた実在の女性が見続けた特攻隊員の姿を描いた作品。邦画の戦争映画としては、何となく聞いた感じのあるエピソードが継ぎ継ぎになっている印象はあるもののVFXも含めて相応の作品になっていると感じた。


ただ、各隊員のアップが少なかったためか、特攻隊員に感情移入ができなかった。やはり、主人公を特攻隊員一人に絞ってその命を確実に落とす任務への苦悩や、心情をしっかり描いてほしかったという感じがある。それから気になるのは画が綺麗すぎるということ。画像がという意味ではなく、特攻隊員たちも、兵舎も、妙に小奇麗で……これが敗戦濃厚の国の軍人や軍の営舎だろうか、なんて思ってしまったものだった。


物語の主人公は鹿児島の知覧飛行場近くで食堂を営む鳥濱トメさん。食堂には知覧飛行場の陸軍の軍人たちも大勢やってきていた。しかし、特攻作戦が本格化し、食堂にやってくる隊員たちも、次々と「靖国で会おう」を合言葉に特攻で命を落としていく。最後に彼らは何を思い、何を彼女に託すのか。


ラストで大西中将が自害する場面が出てくる。多くの若者を特攻で命を落としたことに対する贖罪として、介錯は許さず半日苦しんだ末に死んだそうだ。その覚悟があるのなら……7体3でも戦争を終結させる努力をして欲しかった。いや、すべきだった。彼らはすでにこの時点でアメリカ相手に1年も……中国大陸では10年以上も戦い続けていたのだ。ただ、「自分も後から行く」と次々に未来ある若者を特攻で死なせておきながら、自分はのうのうと生き延びて、何の責任も取らず天寿を全うした将校も大勢いたという。もちろん、誰しも生きる権利はあり、皆、辛い戦争を生き延び、戦後の復興に尽力した人たちだと思うが……無責任に感じてしまうのは、現代に生きている人間の傲慢なのもよく分かっているつもりだが……やっぱりやるせなく感じる。


おススメ度: ある意味で、日本の戦争映画の限界を見せられた気がする。戦闘の場面が派手になっても、「靖国で逢おう」を連発しても、何か足りない感が最後まで残ったなぁという気はする。おススメ度はにしている。




【神風特攻隊関係】