TURNING☆POINT〜世界史(西洋史)を舞台にした歴史映画・DVD紹介のサイト〜


カスタム検索


歴史映画紹介


小説 吉田学校(1983年)


日本

監督:森谷司郎

<キャスト>  森繁久彌:吉田茂  芦田伸介:鳩山一郎  梅宮辰夫:河野一郎  竹脇無我:佐藤栄作  高橋悦史:池田勇人  西郷輝彦:田中角栄  仲谷昇:岸信介 他

1983年劇場公開(東宝)


『小説吉田学校』は政治評論家の戸川猪佐武の同名の長編小説を映画化したもの。原作では、第一次吉田内閣時代から鈴木善幸内閣までの保守政界の権力闘争を描いたものだが、映画版では第二次吉田内閣当時から辞職までを描いている。

様々な陰謀や権謀術数渦巻く政界の物語を描いているが、終わった後からあの当時を見ているのだからイメージしやすい映画だったのではないかと思う。日本のがサンフランシスコ講和条約を締結する前後を駆け足で描いた映画なのであっさりしすぎでとんとん拍子に話が進んでいく感じがするのは仕方ないところだろうと思う。

森繁久彌演じる吉田茂はまさにはまり役。サンフランシスコ講和条約の締結が終ると、一気に吉田茂という人物が魅力を失っていく感じがしたのは、吉田が自らの役割を終えた証拠だったのか……。吉田茂という人物評はしづらいものの、戦後日本……アメリカの日本に対する高圧的な態度に対し、憎々しさを覚えながらも決して正面から戦いを挑むわけではない。アメリカを利用しながら日本という国を守ろうとする、外交官出身の老練な政治家。その姿は、多少美化されて描かれているものの、その後の保守政治の起点として描かれているように感じる。

おススメ度: 昭和を舞台にした映画だと、実在人物は名前をぼかして描かれることが多いのに、近作は登場人物の多くが実名で登場する。小説を語りながら、実名で政治の裏舞台を描きつつ、現職の政治家に対する遠慮が垣間見える気がする。実名で描かれた政治家の多くが公開当時現職だったのだから仕方ないかもしれないが。それはさておき、平成が20年以上も経ってからみると、昭和も遠くなってしまったんだなと変な感慨がわいてくる。公開当時なら、Cを付けたかもしれないが、おススメ度はにしている。



【関連商品】






【原作】